Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
クライエントの役割 The Role of Clients


大変長きに亘って、クライエントの痛みを緩和し身体を癒すための魔法を学び、施すのがケアをする人々の仕事だと多くの人たちが思い込んできています。ですが今や、痛めた身体の部位やネガティヴな感情に直接アクセスできるのは、意識と内(自己)受容感覚を通して感じることができるクライエント自身であることがわかり始めてきました。恐らくこの理解によって、ケアを施す職業に恒久的な変化が訪れるのではないでしょうか。

このクラスでは、プラクティショナやセラピストがクライエントと共にティームとなり、相互的な癒しを生み出していくことを探っていきます。痛みや強張り、動きの制限へと共に入り込むように協力し合い、感情的な恐れを変化させていきましょう。私たちの方は、クライエントの意識がどれだけ身体に入っているのか、どれだけ身体に変化を起こしているのかをフィードバックとして知らせる術を用い、互いにクライエントの身体でどれだけ出会いの場を作り上げられるのかをみていきます。
私たちプラクティショナは、クライエントのソマティクス的な意識の案内人となり、クライエントの意識の有り様を伝えていきます。

クライエントが能動的に内なるプレゼンスを選択できるようになると、私たちと共に共有できる癒しを生み出していけるようになります。つまり、私たちが一方的に癒してとなることがないばかりか、私たちもクライエント共に癒しを共有し、受け取る側ともなれるのです。

クライエント自身がいかに重要な役割を演じ、その役割をまっとうすることでどれだけの癒しや物事への態度への変化が生まれてくるのかをまず私たちが理解し、それをどのようにクライエントが自ら実践できる手助けができるのかを学んでいきましょう。

皆さんが、この職業を選び取った意義と本質を学ぶ2日間ともなることでしょう。


開催日時:6月6-7日(土日)9:00-18:00
受講料:50,000円
開催場所:東京都世田谷区