Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
Side-Lying Somatics (SLS) サイド-ライイング ソマティクス

サイド-ライイング ソマティクスは、プラクティショナにとって楽しく自由なワークです。クライエントは包み込まれるような感覚と心地よさを感じられます。
一連のサイド ライイングのクラスで、あなたの毎回のセッションで使うことのできるこの革新的なサイド(横臥形式)のワークを学んで下さい。

ジャックは、1995年からサイド-ライイング ソマティクス(横臥形式のソマティクスワーク)を教えています。
当時は米国を始め、ヨーロッパ、そして日本で何百という生徒に教えていました。このワークはジャック独自のものです。横寝でボディワークを受けたことのない人はたくさんいます。殆どのマッサージスクールでは、トレーニングの中で殆ど横臥には触れないままで終わってしまいます。しかし事実として、私たちの半数は横寝で眠っていると言われます。なぜなら、横寝は身体にとって心地よく、より健やかに感じるからでしょう。
クライエントで首、肩、そして腰に問題を抱える人は、俯せや仰向けで横になるのは15分が限界だとジャックは気づき、このワークを発展させて来たのです。

サイド-ライイング ワークの利点:
• 大きな身体部位を動かすのに大変少ない力で済む。
• 柔らかい手と体全体から動きを生み出すことでより穏やかなワークが実現できる。
• 身体部位を縮める/圧をかける、捻る、独立させる、伸ばすといった作業を同時に行える。
• クライエントの居心地の良さと安心感のためのソマティクスについての学びをより深めることができる。
• クライエントは考えたり眠ったりするよりも、身体感覚に傾注できるようになる。
• クライエントが自分のセッションに積極的に参加できるよう手助けができる。
• 動きが三次元的・立体的になる。 
• 脊椎、仙骨、椎骨、肋骨がより三次元的に動かせるようになる。
• プレゼンスと内的な身体意識を持つことを通してクライエントの意識の成長を遂げられる。
• クライエントは直接的にプラクティショナのタッチと相互作用できる。
• 引力が筋のリラックスを助けるので、クライエントは腹部ワークを楽しめる。
• クライエントは身体的にはより居心地よく感じるが、感情的には無防備な感覚が少なくて済む。
• 引力に助けられるため、様々な方法でのポジショナル リリースが可能となる。
• クライエントのソマティクス的な意識が成長することで、人生における変化が生まれる。
 


Side-Lying Somatics(SLS) サイド-ライイング ソマティクス 下半身

扱う身体部位は下半身中心になりますが、サイド(横根)で動きを入れたり身体部位の解放を促したりすることで、上半身はもとより全身のつながりとバランスを感じられるようになり、症状や不快感、違和感のある部位も大きく変化します。これまでに使っておられる技術との併用もしやすい手技です。またボディワークを始める方にとっては、身体をこれほど楽に使う方法があり、しかも施術者とクライエント双方に新しい身体感覚をもたらすやり方があることに楽しさを見出すことになるでしょう。

この下半身クラスでは、足、脚、骨盤、腰などに焦点を当てて学びます。痛みを引き起こすとはせず、またプラクティショナとクライエントが一緒にダンスを踊っているような楽しい感覚が生まれます。
これまであなたができるとは思いもしなかった新しいスタイルのワークを学べるチャンスとなります。

下半身のワーク:
・骨盤に横臥(横寝)でワークすることで、身体の自然な動きを無理なく生み出せる(関節や筋に負担がかからない)。
・力づくで持ち上げることなしに、脚全体に影響を与えるワークと、腰部との繋がりをもたらすワークができる(全体性を感じる)。
・足のワークを仰臥とは違った側面からアプローチしてみる(ディコンプレッションクラスとの違いと相補性)。
・股関節、大腿部の筋や靭帯、結合部位、膝、下腿、足関節、足、足底腱膜への横臥でのアプローチ
・プラクティショナの身体の使い方(ボディメカニクス)
・ボルスタリングの重要性(身体の支え方、痛みを引き起こさない、また楽になるための枕やタオル、支えの用い方の実践的な方法)
・高齢者や身体に制限があるクライエントへのワークについて
・横臥にあることで下半身のワークにどのような利点がもたらされるのか
・腸腰筋(大腰筋)への痛みのない解放のしかた(腰痛との関係性)

など

Side-Lying Somatics  サイド-ライイング ソマティクス 上半身
横臥(横寝)になることで、重力を利用した筋と関節の解放ができるだけではなく、背部へのリズミカルな動きでクライエントは心地よさにうっとりしてしまいます。胎児のような姿勢で人から心地よく揺らされる経験は、年齢や身体の制限、性差、状態を問わずたまらない経験になること請け合いです。そして、プラクティショナにとっては楽しく、身体に負担がかからず、最大限の効果をあげられるだけではなく、クライエントとのプレゼンス(今の瞬間にあること)の共有を味わえる醍醐味があるのです。


このクラスでは、主に上半身に焦点を当てます。
症状とアセスメント(査定)の関係性をみてみましょう。特に肩と腕の不具合、手の掌に観られる痺れなど、繋がりを理解し、それらの症状への施術法を習得します。

・内巻きになっている肩のワーク(横臥での有効な方法)、関係する関節へのアプローチ
・肩の強張りや肩こりの度合いと制限…痛みと無理のない解放、肩こりなどへのユニークなアプローチ法
  上肢帯の理解、肩甲骨の自由な動き(独立した動き)を得る
・立体的な動きのもたらし方・横臥での動きの入れ方(プラクティショナの姿勢と手の置き方など)による解放
・腰痛と腹部の強張り・腹痛へのワークの導入
・背部のワーク…背骨への立体的なアプローチによる脊椎の自由な動きを取り戻す
  脊柱港湾、側彎症のためのワーク、重力による制限からの解放
・肋間筋の解放、呼吸のワークと肋骨の本来の動きを取り戻す(身体の前後面ともに)
・関わる全ての結合組織と関節のためのディコンプレッションワークとソマティクスの探求
・開かれた動きと固定された動きを使う方法
・身体の自然な共鳴を感じ取り、有効に働きかける
・テンセグリティの理解

これら全ての施術法には、クライエントとプラクティショナのプレゼンシング(今の瞬間にある意識状態)とソマティクス的な意識(身体を感じていることに気づいている意識状態)が含まれ、このワークの基盤となっています。





Side-Lying Somatics  サイド-ライイング ソマティクス 顔、首、肩、頭部




私横寝でやっとります 仏陀              私横(寝)でやっとります 仏陀



お問い合わせ・お申し込みはこちら