Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
 Decompression Somatics(DS) ディコンプレッション ソマティクス


ディコンプレッションとは、コンプレッション(緊縮)している部位を解放することを指します。つまり、コンプレッション(緊縮)を取り除く・解放する(ディ)のです。その方法は、まるで矛盾するかのような手順を用いますが、クライエントは心地よさを感じ、さらにそれまでのパターンやセッティングを変えるところまで解放できるようになります。そのうえ、ソマティクスという身体感覚への認識を深めることで、心身の解放と変容さえ生み出される画期的な手法です。


ホメオパシーに似て、これはヒーリングの核心へと向かう、究極的に効果が高く穏やかな手技といえます。それも、痛みや副作用を伴いません。クライエントの無意識的な固着しているパタンや、反射反応を生み出す傾向性に意識を向けさせる、脳のセッティングを変換させる方法を学べるのです。またはこうしたパタンを紐解く、ソマティクス的な反応へと直接クライエントを導く方法を学びましょう。肉体、精神、そして感情的なヒーリングの核心において、このパワフルで革新的なツールが大いに力を発揮します。

このクラスは、ジャック ブラックバーンが以下のクラスで長年教えて来たことから生まれたものでもあります。
サイド-ライイング ソマティクス、テーブルトーキング、フット ディコンプレッション ソマティクス、そして、クライエントとともにプレゼンスに在る方法、といったクラスです。過去数年間では、ジャックの手技やワークとクラスは、『ポジショナル リリース テクニック』の著者デニス ダイグの著書と彼女自身によるクラスにも大きな影響を受けています。また同じように相互作用的なシステムという観点を持つ、『アナトミー トレインズ』の著者トム マイヤーズ、ソマティクスについてのトマス ハナの論文、そしてユージーン ジェンドリンによる身体-中心のカウンセリング技術、フォーカシングのトレーニングなどからも大きな影響を受けています。

このクラスでは、大変パワフルなポジショナル リリースの技術だけではなく、クライエントがセッションに積極的に参加して、自らを解放(リリース)できるよう手助けする言葉の用い方も学ぶことができます。これらの複合的なアプローチ法により、クライエントが身体のどの部位であっても、固着してしまっているパタンを手放すのを効果的に助けられるようになるのです。特に、クライエントと抱えている痛みとの関係性には顕著な効力を発揮します。

このクラスで学べること:


  • 筋と関節の抵抗の軸の見つけ方
  • 抵抗を解放へと変換させる方法
  • 固着しているパタンに拮抗するよりも、それとともにワークする方法
  • 解放をサポートする言葉と知覚可能な刺激の用い方
  • 複数の関節、筋、結合組織に全体的な解放をもたらす位置の取り方
  • 微妙な反応を感じ、穏やかに解放についていく方法
  • 今この瞬間であるプレゼンスの状態を保ち、クライエントとプレゼンスを共有
    する方法


このクラスは、身体部位と焦点を当てる技術によって現在5クラスに分かれています*。
フット ディコンプレッション ソマティクス(FDS)
ディコンプレッション ソマティクス I (DS I)下半身
ディコンプレッション ソマティクス II (DS II)上半身 
ディコンプレッション ソマティクス III (DS III)肩、首、頭、顔、顎 
ディコンプレッション ソマティクス IV (DS IV)アセスメント(査定)

*FDSクライエント プロセスは、FDSにおけるクライエントとのコミュニケイションの取り方などを扱う不定期開催クラスです。2013年秋開催のディコンプレッション ソマティクス III アドヴァンス クラスは、DS III 既履修者が対象となる上級クラスです。


Foot Decompression Somatics 
フット ディコンプレッション ソマティクス(FDS) 

開催日程:6月17-18日(土日)

初めてフット ディコンプレッション ソマティクスを発展させるきっかけとなったのは、1997年のドイツでのことでした。それからは、足そのものの問題と、身体の他の部位に及ぼす足の問題が膨大なものであることが分かってきました。
私たちの足は、身体全体を支えるため、人生を通して足のそれぞれの部位には絶え間なく大きな負荷がかかっていることになります。通常そうした痛みや不快感には強い圧を加えるマッサージが効果的と考えますが、FDSは全く異なります。穏やかに、痛みを生み出さない方法を用いて足そのものの痛みと制限を解放するのみならず、全身にも快い影響を与えられます。今行っておられるボディワーク技術にFDSを付け加えることも可能です。また、高齢者や病床にいる人たちにとっては、触れられることへの恐れや躊躇などから足のみがアプローチできる部位に限られることもあります。そうした状況においても、FDSは足に穏やかに、安全に働きかけて、足から全身、そして精神面にもとてつもない安堵感を与えることができるものとなるのです。


* * *

FDSなくして、ディコンプレッション ソマティクスを語ることはできません。
フット ディコンプレッション ソマティクスは、ジャックが日本で足と脚の問題を持つ人が多いことに気づいたところからもさらに発展してきた技術です。そして当時の生徒さんたちが、リフレクソロジーのサロンで行なわれる施術よりももっとパワフルで効果的なものを求めたために手技名称とともに考案されました。FDSのサロンが東京で開かれた当時よりも、現在この技術はさらに発展したものになっています。FDSの効果はまさに驚くべきものであり、症状や状態に適用するのに楽しんで用いることができ、またどのようなボディワークのセッションとも併用あるいはそれらに付加することができます。

クラスでは、単に技術的なことをお教えするだけではありません。なぜ足への施術が大きな効果を出すのか、ディコンプレッションという技術の核について、ソマティクスという意識の持ちかたの重要性、そしてプラクティショナとクライエントが共有するプレゼンスについて、実践的な技術内容とともに経験を通しながらご説明して実践していきます。


Decompression Somatics I
ディコンプレッション ソマティクス I  (DS I) 下半身


プラクティショナの手で触れられている部位と、クライエントがその人自身の身体の内側を結びつける感覚を促す、とても繊細な方法がディコンプレッション ソマティクスであり、このクラスは普段なかなか意識を持つことが難しい下半身にその手法を適用します。それによって、クライエントが自分の内側の環境(身体)をいかに変化させられるのか、痛みさえ自分で取り除くことができるのか、そういった今までにはない感覚を得られる方法を学べる機会を与えられるのです。
私はごく最近、ウエストラインから下、つまりか半身麻痺と診断された3人の方々にこのDS I とFDSの手技をフルに使い、神経損傷と麻痺という言葉で片付けることはできない効果を目の当たりにしています。実際に、足を動かすこともままならないと言われた方が、自分の身体の内側を私の手とともに感じながら痛みから脱却し、今や自分で足を動かせるまでになっている方々の例についても今回はお話しして行きたいと思います(2014年9月付記)。


クライエントの症状とアセスメントで得られることとの関係性を探求していきます。
特に、脚と股関節の機能低下や問題、それらの施術法を学びましょう。

・自由な感覚をもつ脚などの内、外転を促す解放のしかた
・膝の強張りと制限の度合い…膝蓋骨と膝のユニークな解放
・足と足関節の問題(部分的にFDSを用いて統合的な解放をみる)
・回旋筋群…解放のしかたとアセスメント
・仙腸関節の強張りと座骨神経痛…特化した手技による痛みを伴わない最大限の効果
・仙結節靭帯の痛みを伴わない解放→脚全体、股関節、骨盤周りへの影響
・立体的な動きを用いたアセスメント法
・脚全体の解放の仕方への導入
・開かれた動きと固定された動きの用い方
・身体の自然な共鳴
・テンセグリティの理解

など

ディコンプレッションでのワークは、どちらかといえば静的で穏やかな手法になります。ここでは特にクライエントの意識状態をプレゼンスへともたらすことが重要な要素となります。また、それであるが故にクライエント自身の身体との関係性を大きく変化させ、人生にさえもそれまでとは異なる観点をもたらすことさえ可能な方法にもなるのです。
上記の全ての手技において、クライエントとプラクティショナのプレゼンシング(今の瞬間にある意識状態を選択すること)とソマティクス的な意識(身体を感覚している意識状態)を含むことになります。



Decompression Somatics II
  ディコンプレッション ソマティクス II (DS II)上半身

NEW! 説明文追記
骨盤から腰、上背部、胸郭、背骨といった部位に、ソマティクスとディコンプレッションの原理を適用する方法を学びましょう。
呼吸をしっかりとしていない(できていない)クライエントや腹部に不快感を持つクライエント(特に生理痛や筋腫など)、背骨の問題(湾曲、猫背、椎間板のずれ、肋骨結合部の不具合、亜脱臼など)にも穏やかで大きな効果を見られる方法です。

このクラスでは、腰から上、肩までを中心として扱います。腰は下半身と、肩は首から上との関わりもあるので、DS I, III クラス内容とも重複し、繋がりを学ぶことができます。
基本的には仰臥位での肩のディコンプレッション、小胸筋、広背筋、棘上筋、肩甲骨、腕、肘、手首、掌、胸鎖関節、肋間筋、腹部、腸腰筋などが含まれます。手管根症候群や腱鞘炎と診断されやすい症状とその原因、肩の動きのための上肢帯の解放と繋がり、肩、腕、掌のディコンプレッション技術、呼吸と胸郭、肋間筋の解放のための技術とソマティクス、四十/五十肩腹部と消化器のはたらき、手術等の後遺症に対するディコンプレッション ソマティクス技術、感情や記憶、身体的トラウマへの対処なども学ぶことができます。



Decompression Somatics III 
ディコンプレッション ソマティクス III (DS III)
肩、首、頭、顔、顎、背中上部

無意識的な固着パタンを解放する、究極的に穏やかで効果的な方法です。このクラスでは、背中上部と肋骨の強張りから、手根管症候群や(四十)五十肩にまで至る、顎と顔の関係とその問題を扱います。これらの物理的な問題、クライエントの抱えるストレス、感情状態などにあり得る関係性も探求して行きます。
顎と腰の関係性、顎や咬むことに関する関節と筋群の解放、斜角筋、胸鎖乳突筋、後頭下筋群、帽状腱膜と頭皮の解放、目と顔筋群のための技術、顔の筋群、表情のリラクゼーション、本来の表情を取り戻すための顔の施術法、頸椎のための動きとディコンプレッションのワークなど、痛みや負荷をかけない手技による解放がどれだけ力強く効果が高いかを実感できる内容です。また、これらのワークによって、その人本来の表情、ストレスやマインドにとらわれない内面が現われるような顔の表現を取り戻すこともできるばかりか、叩いたりトーニングをしたり化粧品や器具を使うことなく自然で美しい表情、二重顎やたるみ、皺にも変化が起こる施術です。美容目的での施術ではないものの、人間の精神やものの見方、人生に対する向かい方から生まれる様々な外見の問題を知るよすがともなり、年齢による問題と思われるものが実はもっと別のところに問題があると気付くことができるでしょう。

こうした繊細で複合的な部位を扱う際は、無理のない方向から生まれる変化をサポートするのを忘れてはなりません。そうすれば、クライエントに不快感を生み出すことにはならないからです。
第二に重要なのは、位置の取り方と組織のディコンプレッションのしかた、それからクライエントの感覚意識を用いる細やかさです。
これらの繊細なトレーニングの中で、(はたらきかけている)複数の対象にあるバランスのラインの感じ方を学んで頂きますが、忍耐と細やかさは必要になります。

1 日目には、手、腕、肩と上背部との関係性、喉と首の施術を扱います。大きな効果があるこの手技を、自信を持ってこの手技を用い、大きな効果を生み出せるよ うになっていきましょう。2日目は、首、顔、頭部と顎にアプローチします。両日ともこれらそれぞれの部位の関わりと、他の身体部位への影響についても見て いきます。


実際の症状としては、1日目に四十肩/五十肩(フローズンショルダー)や手根管症候群、手の痺れ、胸郭 出口症候群、脊柱後弯、肩の内巻きなどを扱います。2日目は、掌の痛み、首の痛み、首の回旋運動の制限、顎関節の問題、喉の強張り、顔の筋群の強張り、そ して逃避の緊張と強張りを扱いましょう。


Decompression Somatics IV 
ディコンプレッション ソマティクス IV (DS IV)
アセスメント(査定)

このクラスでは次の二つのことが強調されます:セッションの前、間、後にアセスメント(査定)をおこなうことで、DS(また他の手技も)の適切な用い方が分かるようになります。もうひとつは、「即興(での施述)をする」ということです。
これまでに扱ったこともない状態にどうDS、お手持ちの手技を用いますか。とても身体の大きなクライエントには?つい最近怪我をしたクライエントには?癌のような深刻な病を持つクライエントには?
クライエントのフィードバックと視覚的な観察を元にして、最も最適なアプローチを素早く見抜けるアセスメントの方法もお教えします。これまでに学んだ手技をもとに、色々なアセスメントを比べてみましょう。アセスメントはまた、DSなどの技術を用いる身体の部位に、クライエントの意識をさらにもたらすためのものにもなるのです。

アセスメントは、先にクライエントの身体や精神のあり方をそのままにまずみる/受け止める作業でもあります。通常のアセスメントのように、「診断」をしてセッションの目標を定めた「戦略」を立てることが目的ではありません。好奇心と実験的な姿勢を持ち続け、クライエントとともにセッションを行なうために、アセスメントは不可欠な技術です。セッション中にクライエントの身体にどのような変化が起きているのか、それを見極めることでさらに進む道が見えて来ます。それはプラクティショナだけではなく、身体で変化を感じるクライエントも同じであり、共にプレゼンスの状態を保ちながら共同作業でセッションを進めていけるようになるのです。

私たちの身体も、心も、エネルギーも、全ては有機的に変化し続けているのです。アセスメントはそれを受け止め、見極め、制限なく可能性を広げる手助けをするスキルです。通常限定的に用いられるアセスメントの概念を大きく超えた、まさに手技療法の洗練された技術としてのアセスメントの用い方を学んで下さい。

*このクラスは、他のDSクラスを受講していなくても学べる内容ですが、このクラスを初めてDSのクラスとして取られる場合、他のDSクラス、FDSなども合わせて受講されることをお勧めします*。その方がより両方のクラスを深く学ぶことができます(例:FDSにおけるアセスメントの意味とその有用性、DS IVで行なう即興的なセッションの組み合わせに効果的な形でFDSの技術を入れることで手技の効果を高め、クライエントの意識を身体にもたらす際に重要な役割を果たせる、など)。


*2015年秋開催の他のクラスでは、フット ディコンプレッション ソマティクスのアドヴァンスクラス(初心者受講可能)があります。こちらとの受講でDS IVの内容がよりご理解いただけるでしょう。スケジュールはこちらでご確認ください。


Decompression Somatics III Advanced Class 
DSIII アドヴァンスクラス

ディコンプレッション ソマティクス III は大変繊細な部位を扱うため、数多くの練習と実践でより洗練された感覚と技術を養うことが必要になります。
このアドヴァンスクラスでは、DS III クラスでは網羅しにくい細やかな内容をより詳細に学べるよう時間を割いていきます。特に、頸椎のワークにおける解放の方向の見方、位置の取り方のコンビネーションワーク、クライエントからのフィードバックの取り方と安全策、後頭下筋群と頭皮、目のワークのコンビネーション、眼精疲労のためのワークの詳細、顎とその他の部位の関係性、精神面感情面の関わり、ストレス、といった、通常クラスでは扱いきれない内容をさらに深いレヴェルで説明し、細やかな技術を洗練、発展させてさらに精度の高い効果を求められるようにしていきます。

このクラスは、事前にDS III クラスの履修が必要です。DS III クラス履修後に練習と実践が行われていることが理想です。



参考文献:
英語原書のみ
*購入ご希望の方はメイルにてご連絡下さい。