Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
Presencing Somaticsプレゼンシング ソマティクスとは

プレゼンシング ソマティクスと名付けられたこのワークは、元々この名前があった訳ではありません。米国の手技療法家・上級認定講師、ジャック ブラックバーン(Jack Blackburn, LMP, Master of theorogy)が、彼自身の経験と30年以上に亘るボディワークの中で発展させて来た手技療法技術と概念を表す言葉として後から名付けられたものです。

まず用語の説明をしましょう。
プレゼンシング(Presencing)
プレゼンシングは、ジャック独特の言葉とも言えます。経済学で使われるよりも前に、ジャックはこの言葉を頻繁に用いて、自らのワークの根幹を語っています。
日本の英語の授業で最初に習うひとつに、「出席」を表す「プレゼント(present)」があります。"I'm present!"というのは、「私は今ここにいます!」という意味で、「出席」です。この名詞が、プレゼンス(presence)です。ここでは簡単にいうなら「今の瞬間にあること(状態)」と訳してよいでしょう。
では、プレゼンシングとなると、意味はどう違うのでしょうか。
-ingをつけることで、プレゼンスの状態に「なる」という、意図/行為が入っています。つまりプレゼンシングという言葉になると、「今の瞬間にあること(プレゼンス)を自ら選択する」という意味になります。

ジャックのワークにおいては、プレゼンシングこそが核です。それは、仏陀やキリストが発見/体現した、私たちの人生の秘密とも呼べるものなのです。

ソマティクス(Somatics)
これは、まだ日本では聞き慣れない言葉でしょう。手技療法、ボディワークの中では、近年大変注目されている概念です。とはいえ、ボディワーク(手技)やその背景によって、この言葉の解釈は様々で、統一されているとは言えません。
ソマティクスのsoma(ソーマ)は、身体、肉体、体腔という意味です。ソマティクスという概念は、米国の哲学者トマス ハナが紹介しました。ここではその難しい論文を持ち出すよりも、このワークの説明に留めましょう。
ここではソマティクスを、「自分の身体の中で起こっていることを感覚している(感じている)のを認識している状態」としましょう。

プレゼンシング ソマティクスのワークは、このふたつの言葉が組み合わされています。今この瞬間に在ることを選択することと、自分の身体の中で起こっていることを感覚し、認識することは、どう関係しているのでしょうか。

身体というのは、瞬間瞬間を生きています。自律神経によって制御されている呼吸や心拍、身体の中の浸透圧のバランス、様々な外からの刺激を電気信号にして脳に伝える作業、それらに対する反応、全ては全く私たちの無意識のうちに、毎瞬間毎に行われています。ところが、私たちの頭の方は、過去にあったことの思い出や、これから起こることの心配、感情的なざわめいた感じなどにとらわれるか、あるいはただぼうっとして時を過ごしていることが殆どです。しかしこれでは、人生を意識的に生きているとは到底言えないでしょう。するとと人によっては、ある人生の地点にさしかかったところで「ああ、これまで私は何をして生きて来ていたのだろう。もっと人生を味わいたい。もっと生き生きと自分の人生を生きたい」という気づきを得て、瞑想やスピリチュアルな探求をし始めます。ところが、そうした瞑想やスピリチュアルなワークの多くが、やはり頭を使うのです。考えたりイメージングをしたり、理論を学んだり、宣言(アファーメイション)をしたり…。しかし、ざわざわとした頭の中のお喋りは、いくら瞑想をして無になりなさい、観察しなさい、白紙になりなさいと言われても止みません。