Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
プレゼンシング リトリート
今の瞬間、プレゼンスを体験し、自らの本質と出逢うリトリート


皆さんご存知のように、お教えしているクラスのすべての核心がプレゼンシングです。それは普段とは異なった意識状態であるばかりではなく、プラクティショナとクライエントが共有する気付きの状態であり、それこそが真のヒーリングを生み出す意識状態だからです。

そこで、皆さんおひとりおひとりに、プレゼンスの贈り物を差し上げたいと思うに至りました。 通常のクラスで技術をお教えする際は、どうしてもプレゼンシングの本質と拮抗するような状態になり、方法や技術にばかり気が行くことがままあります。そこで、リトリートの状況の中で、しかも毎日帰宅する必要なく、自然が溢れる環境で、温泉もあったりして、自分ひとりの時間も持つことができて、仲間たちとプレゼンスを深める時間も持てるようにできたら…と考えたのです。
そしてこの計画を実現するためにも、皆さんがご参加をご検討されるのに十分な時間をとれるようご案内を差し上げました。

このリトリートでは、毎年行っている米国オーカス島でのレイキ マスター クラスのリトリートでお教えしている経験と内容も一部入れたいと思います。それから『パーソナル プレゼンシング』という私の本の100のエクササイズを戀都が訳してくれているので、今回は特にこの本にとっても、皆さんと一緒に内容を実践することが大きな節目になるかと考えています。日常生活の中で、様々な状況下でプレゼンスの状態へと深く入ってゆけるように作られたエクササイズです。リトリートでは、私と戀都が皆さんおひとりおひとりと時間をとってエクササイズを実践できるようにしていきます。この数日間での様々な活動と、自分自身の深い部分と継続的に会話をすることを通して、日記や記録をつけてみましょう。仲間たちとプレゼンスでつながることのできる、朝と午後の瞑想も行います。

私たちは皆さんとボディワーカーとして関わって来ているので、お互いにボディワークをし合う内容でも手助けするつもりでいます。パートナーを組んで、ふたりでワークをする際によりプレゼンスの状態に入れるよう具体的かつ実践的にプレゼンシングをお教えすることも可能です。 ボディワークの技術のクラスという枠に焦点を当てていると、なかなか時間を取ってお伝えできない部分をお教えできる機会になります。皆さんそれぞれがパートナーとプレゼンスを共有し、頭の中の心配や疑念を克服できるようお手伝いします。クライエントや受け手との関わり方は、人それぞれです。ですから、あなたへのご提案はあなた自身の個人的な要求や知りたいこと、あなた自身の生き方や学びに従ったものになります。
もちろん、皆での食事や、一日の終わりに共に楽しめる時間も計画しましょう。

このリトリートは、上限を10名にしたいと考えています。この人数であれば、できる限り皆さんおひとりおひとりに目を配ることができるからです。

もしもご予定が合いそうで、真のプレゼンスを経験し、自らプレゼンシングを体験したいと願っておられるなら、是非ご参加下さい。
あなたからのご連絡を心待ちにしています。


祝福を込めて、
ジャック