Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
ジャックからのご挨拶ー秋のクラスが始まります(2014年9月17日)

親愛なる皆さん、

今旅立つ前のシアトルからお便りを差し上げます。昨夜私は、シアトルでの最後のクラスを終えました。やれやれ!

先月末には私の73回目の誕生日のために、たくさんの方々が尋ねて祝ってくれました。あんなにもたくさんの友人たちと会えて、とても幸せな時間でした。

シアトルの夏は、数日のひどい暑さを除いては大変心地よいものでした。シアトルは海にも近いので、午後はほぼ毎日よい風が吹いてくれるからです。今日の午後は近所を歩いて、陽光を楽しみながら全ての美しい木々を愛でる時間をとることもできました。

いよいよこれで日本に焦点を当てられます!皆さんとのクラスは勿論、自転車でジムに通ったりそこの黒い温泉に入ったりするのも楽しみです。



まだクラスには残席があるので、どうぞご検討下さい。興味が惹かれるクラスがきっとあるのではと思います。まずは以下の近い日程のものから、私からもう少しクラスの魅力をご説明しましょうー

レイキII は、プラクティショナにとって大きな力づけとなる内容です。…(続きはクリニカル レイキのページをどうぞ)


ソマティクスは、私たちの行うワークの背景にある大きな謎と言えます。…(続きは1日クラスのページでどうぞ







ジャックからのお便り(2014年8月)


シアトルからお便りを差し上げます。

オーカス島遠景
これまでのところ、とてもよい夏が続いています。

私はものを書く時間を多くとっています。戀都が日本語に訳している『パーソナル プレゼンシング』の見直しも含めてです。脊椎損傷のクライエントや、スーパーヴィジョン(プロのボディワーカーへの個人指導や相談)についても幾つか記事をものしました。







シアトルは、かなり暑い日は数日あったものの、おおよそ穏やかな夏でした。植物はシアトルの気候をとても好むので、庭は美しい盛りです。ちょっとした雨、暫しの曇り空、晴れ間、そして午後の海風の涼やかさ。

秋に日本でお教えするのをとても心待ちにしています。戀都と一緒にお教えするクラスにわくわくしていますし、今回のプレゼンシング リトリートは特に心待ちにしています。それから、PMS(月経前緊張症候群)と癌、鬱を扱う新たなクラスも楽しみです。皆さんが選択されるクラスで、おひとりおひとりと過ごす時間が持てることを願っています。



オーカス島フェリー発着所
つい先頃、私は幸運にもオーカス島でそれなりにゆっくりできる時間をもちました。そこでの時間は、とても穏やかで貴重な経験でした。

たいへん美しいオーカスの景色に囲まれ、多くの友人たちと過ごしました。オーカス島は大変静かで純朴な土地で、鳥の声だけが響き、鹿、兎、たくさんの羊や山羊、牛が自然のままに存在しています。信号はなく、小さな通りのみで、たくさんのオーガニック農園があります。





皆さんも心地よい夏を過ごされ、避暑もできていらっしゃればと思います。
皆さんが、フェイスブックで庭の様子や家族との様子、またお盆での行事や盆踊りなどを上げておられるのを楽しく拝見しています。


これは、オーカス島でも美しい場所のひとつ、ヴィクトリアン ヴァリーです。この自然のなせる美しい景観を経験できるよう、いつか日本の皆さんをお連れしたいと願うばかりです。この谷を、私は何年間もそぞろ歩いたものです。早朝、夜間月が顔を出す時間、凍てつく雪の真白いなか。

秋に、皆さんとたくさんの楽しみを共有できることを楽しみにしながら、ここまでのお便りにしたいと思います。続きは、またお会いしてからにしましょう。




祝福を込めて、
あなたの友達ジャックより

9月からのスケジュール