Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
Seminars セミナー


*日程の通りに上から順に並んでいます


緩和ケア・終末期ケア 9月28日(水)18:00-21:00

このセミナーは、4月にミネソタ州ノースウェスタン ヘルス サイエンス大学(Northwestern Health Sciences University)で行う講演内容にも触れる予定です。
第4回 腫瘍学 マッサージ ヒーリング サミットと題された学会に招聘され、ジャックはゲストスピーカーとして以下の内容を講演しました。

緩和ケアは、多くにおいては予後は余命と判断されるほど深刻になっている、また症状が重くその緩和を中心にする状態になっている人へのケアを指します。このセミナーでは、そうした状態のステップやケアをする側としてできる行動について、苦しみを経験している人への安堵感の与え方、平穏さほっとする感覚を得られる手助けについて見ていきます。そしてその人たちが、自分の人生全体に感謝や歓びを見出してゆけるようにするための役割の果たし方も考えてみましょう。
緩和ケア − 私たちの職業の最先端を拓く
身体は、感覚器情報を比類なく伝えるため、ボディワーカーは終末期を分かち合えるというユニークな立場にある。全ての感覚は今の瞬間に起こっているため、クライエント(患者)は自分の感覚を通して過去中心の思考から抜け出て、現在中心の感覚へと入ることができるのだ。このことで、クライエント(患者)は好奇心に導かれて自己探求へと歩き出す。

ジャックが成功しているセッション:恐れを手放すプレゼンシング
ケアを与える人々のためのプレゼンシング セルフ-ケア:ソマティクス的な意識という入り口へと入って行くと、自分の内面(精神面)の生活を構築できる。身体は、受容(知覚)するための精密機器。感覚あるいはフェルトセンス(感じとられる感覚)と身体的な変化の間の繋がりを主体として自覚する能力を高める。他のケア職の人々とプレゼンスを共有する

能動的な感覚意識:私たちの仕事にプレゼンスをもたらす
クライエント(患者)とプレゼンスを共有するとき、クライエントの恐れが減ずる。
自分のためのプレゼンシングを内面で実践し、発展させるボディワーカーは、クライエント(患者)のためのヒーリングの扉を開いてあげられる。終末期の過程において、恐れが伴う死への過程を意識的に、大きく安らげるものへと高めることになる。

病院という緩和ケア、終末医療の現場でのタッチセラピーの重要性と可能性を示した経験を皆さんにお知らせするとともに、医療現場の方々の反応や実際の悩みなどについてもレポートします。

日時:9月28日(水)18:00-21:00(開場17:45)
会場:世田谷区
受講料:3,000円
地図等はお申し込み後にお送りしております




ア コース イン ミラクルズ (ACIM) セミナー

ア コース イン ミラクルズ(『奇跡講座』)の日本語公式版が全て出版されましたが、その内容は独学ではなかなか難しいものです。あるいは勉強会に参加したとしても、様々な解釈によってその核心が分かりにくい場合もあります。
ジャックは、30年以上にわたるコースの生徒です。数々の真摯な勉強会にも参加し、学び、そして教えてきましたが、今もコースを読み、レッスンを続けています。また、本に編集されていない(ヘレンとビルのみに宛てられたとされて編集の段階で省かれたものがあります)コースの原稿も学んでいます。

このセミナーでは、コースを学ぶ上での様々な語彙や基本概念を説明するのみならず、皆さんのご質問や疑問にも貢献できる内容を考えていきます。コースの中でなされる聖書の訂正や、語彙の本来の意味についても学ぶことができます。また、コースを学ぶ中での皆さんのご経験や取り組んでおられることを皆で共有して学びを進めていく場でもあります。
初学者でもご参加いただけますが、ワークブックだけでも実践して来られるとより馴染みやすいかと思われます。すでに学んでおられる方々、どうぞおいで下さい。


日時:9月22日(木)、10月11日(月)、11月1日(火)、11月22日(火)、18:00-21:00(開場17:45)
会場:世田谷区
受講料:3,000円
地図等はお申し込み後にお送りしております


プレゼンシング セミナー 10月13日(木)

この3時間の夕べでは、いかに私たちがプレゼンス(今の瞬間)に入って完全変容を経験するのか、という全体な課題の概要を扱います。
プレゼンスに完全にいないが故に、人類が人生を本当には生きていなことを理解していきましょう。私たちは、今経験していることは過去によって作られたものだと信じ込んでいます。そしてまた、様々な恐れをも信じ込み、恐れから安全を確保するのがすべてのことから自分を守り家族を守り安寧な癒しを手に入れられるとさえ信じでいます。そうしたなかでの安全を確かなものにしようと過去の経験を現在に、出来事すべてに、人々に投影し続けてしまっているのです。
こうした考えの誤謬を顕にし、自ら今の瞬間にあることを選び取るプレゼンシングへの扉を開いていきます。

日時:10月13日(木)18:00-21:00(開場17:45)
会場:世田谷区
受講料:3,000円
地図等はお申し込み後にお送りしております