Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
倫理とスーパーヴィジョン


1997年、ジャックはアイダホ州でのボディワーカー(手技療法家)の学会で職業的な倫理について教えるよう要請を受けました。ジャックは、1995年よりボディワーカーにスーパーヴィジョンのセッションを行い、仲間同士でのスーパーヴィジョンの行い方を教えて来ました。
米国では今や、すべての手技療法家が2年ごとに倫理のクラスを受けることが義務付けされています。

倫理という用語は何を意味しているのでしょうか。
倫理には、公平性とクライエントを操作しないという自覚が含まれます。また倫理においては、クライエントとの関係性における私たち個人の境界線のもちかたもその内容に入ります。
ジャックは長い年月の中、個人の倫理と職業的な倫理についての見解を深めて来ました。

 私たちのクライエントは、私たちのハンズ-オン(手で触れる)ワークを通したケアで、いかに影響を受けうるのだろうか。
 クライエントとの関係性の理解と経験は、治療的なセッション・ボディワーク(手技療法)・セラピーのセッション一般にいかに影響をするものなのか。

クライエントによっては大変親しい関係性を築くこともあれば、もっと距離を置く関係性のクライエントもいます。私たちの仕事において、そうした関係性が役立つもの、あるいは役に立たないものとしてどのように見ていけばいいのでしょう。

私たちの実践の中で生まれてくる、クライエントとの関係性や倫理的なジレンマについて、お互い仲間として話し合い、経験を分かち合い、実践的に倫理について学んで行きます。

スーパーヴィジョンは、ここでは監督や監査というよりも、相手(相談相手や同業者)の話に耳を傾け、その人自身が起こっている事を自分で把握し理解を得て次へと進めるよう手助けをする手法と言えます。一般のカウンセリングやアドヴァイザーのように提案をするよりも、その人がより包括的にものを捉えられるよう支えて行く話の聞き方になります。

このクラスでは、お互いの仲間同士のスーパーヴィジョンのやり方の導入もして行きます。また、経験を積んだスーパーヴァイザーのスーパーヴィジョンのセッションの大切さや有効性につても理解していきましょう。

あらゆるボディワーク・セラピー・ヒーリング・カウンセリングで用いられる倫理とスーパーヴィジョンは珍しいものです。倫理観を磨くことは皆さんの手技や手法とご自身のあり方・関わり方、そしてクライエントとの関係性を包括的にし、成熟して行くことになります。その意味においては主義や手法の種類は問わないのです。

実践的で具体的な倫理の持ち方を学び、独りで抱え込むことのない健やかな実践をしていける道を探ってみて下さい。


開催日時:10月17日(水)9:00-18:00
開催地:東京都世田谷区(お申し込み時に地図等詳細をお送りしております)
受講料:25,000円