Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
坐骨神経痛と胸郭出口症候群
10月3日(水)

坐骨神経痛と胸郭出口症候群は、いずれも慢性的な痛みであり、医療関係者や理学療法士が誤った扱いをしやすい点も共通しています。手術や筋肉への治療を用いることで、さらに状況を悪くする場合があるのです。
その一方で、ボディワーク、特にディコンプレッション ソマティクスを用いるのは、数回のセッションでクライエントの状況、症状を問題の源から解放できるものとなり得ます。
こうした効果的なアプローチ法をクラスで学んで下さい。