Presencing Somatics Trillium Institute Japan - Manual Therapy for Personal Transformation
高齢者のためのフット(足)ワーク


ジャックは、1997年、ドイツでフット ディコンプレッション ソマティクスを初めて発展させる事になりました。それ以来、足の問題やそれらが全身に及ぼす影響などについての知識は大きく拡大してきています。
私たちの足は全身を支えているので、一生涯足の様々な部位にとてつもない負荷をかけているのです。
しかし、フット ディコンプレッション ソマティクス(FDS)は穏やかな施術法です。痛みや制限を解放することで、全身に影響を及ぼすことができます。すでにボディワークや身体へのセラピーを行なっておられる方は、この手法を加えてみてはいかがでしょうか。

高齢者の中には、触れられるのを恐れる方がおいでです。ですが、FDSであれば足部という最も恐れなく触れられる部分を扱いますし、ほっとした感覚を与えるには安全な方法になります。

腰が曲がっている、脊柱後弯、膝や股関節の問題で歩く事に困難を抱えている、脊椎狭窄症、坐骨神経痛、術後の不快感、圧迫骨折後の回復期の痛みなど、身体から足部にかかる負荷も足部へのワークで楽にしたり、痛みを軽減したり、あるいはなくすことも可能かもしれません。そのためには、穏やかに、柔らかい手で足部への適切なアプローチをする必要があります。高齢者こそ、身体での心地よさを増大し、ソマティクス的な意識を持てるよう手助けをするのが重要になるのです。


このクラスは、ボディワーカーではない方々にも受講していただけます。



お問い合わせ・お申し込みはこちら